子どものいいところに目を向けましょう!

子育てヒント

親になると、子どものしつけの事も気になり、どうてしも子どもの困った行動に注目してしまいがちになります。

誰にでも、長所があって、短所があるように、子どもにも、いいところは実はたくさんあります。

でも褒める事って、気持ちに余裕がないと、なかなか難しいです。

でも、やっぱり褒めて育てたいですね。

子どもも行動を注意されるよりも、褒められる方が嬉しいし、自信や、やる気もアップします。

なので、注意はそこそこにして、いいところに目を向けるようにしていきましょう!

マイナス行動に目を向けて、注意をするパターンを変えましょう

🔺 マイナスな行動

⬇︎

注意をする

というパターンを変えて

⭕️いいところを見つける

⬇︎

褒める

というパターンにします。

そうすることで、子どもも大人からのメッセージを心地よく感じられ、大人からの指示を受け入れていけるようになります。

当たり前に思えることも、褒め材料にしてしまいましょう!

《言葉がけの具体例》

•やさしいね
•とっても元気だね
•上手に食べてるね
•お片付け、上手にできるね
•〜してくれてありがとう
•〜できて、かっこいいね など

褒める時に効果を高めるスキンシップ

•頭をなでる
•抱きしめる
•頬をさする
•ハイタッチ など

最後に

褒める時は、褒められる子どもが、うれしく感じ、褒めている方も、うれしい、よかったと思うようにすると、より効果的です。

子どもがいいことをしたら、どんなに忙しくても、褒めるのは大切です。

手を止めて、大いに褒めましょう!

子どもの叱り方についてはこちらを参考になさってくださいね。

こどもへの叱り方 ポイント3つ
こどもへの叱り方のポイント3つを紹介しています。この3つをおさえておけば、どんな時に叱る必要があるのかが分かります。参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました